gotutiyan’s blog

競技プログラミングをやったりopenframeworksでお絵かきをしたりしています。

AOJ-ICPC 「審判は君だ!」

問題
You Are the Judge | Aizu Online Judge

解説
問題の方針は「ICPCの順位づけ」と変わりません。ほぼ同じ問題です。
gotutiyan.hatenablog.com

正解したかどうかのAC、不正解数のWA、ペナルティのtimをそれぞれ準備して、R個のデータについて格納していきます。
その後、AC_countの配列に結局各チームが何問正解したかどうかを格納します。

最後にpairを入れ子にした配列で、「問題数、ペナルティ、チーム番号」の順に入れて、一気に昇順ソートします。ここで、問題数は降順にソートしたいので、あらかじめマイナスをつけて入れておきます。
ICPCの順位づけ」と異なるところは、同順位のときの扱い程度です。

#include <bits/stdc++.h>
#define rep(i,j,k) for(int i=(int)j;i<(int)k;i++)
#define itrep(i,x) for(auto i=(x).begin(); i!=(x).end();i++)
#define Sort(x) sort((x).begin(),(x).end())
#define all(x) (x).begin(),(x).end()
#define fi first
#define se second
#define vi vector<int>
#define INF (int)1e9
#define INFL 1e18
#define MOD 1000000007
#define pb push_back
#define MP make_pair
#define PI 3.1415926535
typedef long long int ll;
//typedef std::pair<int,int> P;
int D=1;
int dx[4]={0,1,0,-1},dy[4]={-1,0,1,0};

using namespace std;

int main(){
    int T,P,R;
    while(cin>>T>>P>>R && T){
        vector<vector<int>> AC(T,vector<int>(P,0)),WA(T,vector<int>(P,0));
        vector<int> tim(T,0);
        
        rep(i,0,R){
            int t,p,timee;
            string s;
            cin>>t>>p>>timee>>s;
            t--; p--;
            if(s=="CORRECT"){
                AC[t][p]++;
                tim[t]+=timee+WA[t][p]*1200;
            }else if(s=="WRONG"){
                WA[t][p]++;
            }
        }
        
        vector<int> AC_count(T,0);
        rep(i,0,T){
            rep(j,0,P){
                if(AC[i][j])AC_count[i]++;
            }
        }
        
        vector<pair<int,pair<int,int>>> rank(T);
        rep(i,0,T)rank[i]=MP(-AC_count[i],MP(tim[i],i+1));
        Sort(rank);
        
        rep(i,0,T){
            cout<<rank[i].se.se<<" "<<-rank[i].fi<<" "<<rank[i].se.fi<<endl;
        }
    }
    
    return 0;
}