gotutiyan’s blog

競技プログラミングをやったりopenframeworksでお絵かきをしたりしています。

ACM-ICPC 大崎(Osaki) 

問題
Osaki | Aizu Online Judge

電車が走行する時間帯が与えられるので、最低電車が何台あれば運行できるかを出力する。

解説
入力の運行時間が少しでも被っていれば、その時間帯は複数の電車が運行しないと矛盾してしまいます。よってすべての運行時間を見て、運行時間が被っている時間帯の個数の最大値を求めれば良いです。

具体的な方法としては、時間帯を秒単位で表す配列を用意して、運行時間帯中の要素を全て+1します。これを全ての入力について行った後、配列の要素の最大値を見れば、答えが求まります。

しかし、この「時間帯の要素全てに+1する」という操作について真面目にfor文を回すと、計算量が心配です。これはimos法を使えば計算量がグッと落ちます。

今回の入力では数字やコロンの間に空白が無いため、cin>>などよりはscanfを使った方が入力を受け取りやすいと思います。

#include <iostream>
#include <string>
#include <map>
#include <vector>
#include <utility>
#include <set>
#include <stack>
#include <queue>
#include <deque>
#include <algorithm>
#include <cmath>

#define rep(i,j,k) for(int i=(int)j;i<(int)k;i++)
#define itrep(i,x) for(auto i=(x).begin(); i!=(x).end();i++)
#define Sort(x) sort((x).begin(),(x).end())
#define all(x) (x).begin(),(x).end()
#define fi first
#define se second
#define vec vector
#define INF (int)1e9
#define INFL 1e18
#define MOD 1000000007
#define pb push_back
#define MP make_pair
#define PI 3.1415926535
typedef long long int ll;
typedef std::pair<int,int> P;
int D=1;
int dx[4]={0,1,0,-1},dy[4]={-1,0,1,0};

using namespace std;

int main(){
    int n;
    int t=24*3600+59*60+59; //あり得る時間(秒)の最大値
    while(cin>>n&&n){
        vector<int> v(t+1,0);
        rep(i,0,n){
            int hs,ms,ss,he,me,se;
            scanf("%d:%d:%d",&hs,&ms,&ss);
            scanf("%d:%d:%d",&he,&me,&se);
            v[hs*3600+ms*60+ss]++; //区間の左端に+1(imos法)
            v[he*3600+me*60+se]--; //区間の右端に-1(imos法)
        }
 
        int ans=0;
        rep(i,0,t){
            v[i+1]+=v[i]; //一気に累積和をとる(imos法)
            ans=max(ans,v[i+1]);  //配列の最大値をansに入れる
        }
        cout<<ans<<endl;
 
    }
    return 0;
}